歌うだけで健康になれる?カラオケの健康効果5つ

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆さんはカラオケ好きですか?

おうちで音楽を聞きながら歌うという方もいるかもしれません。

老若男女問わず、歌うことが好きな人は多いですよね。

実は、歌うことは単に楽しいだけではなく、とても健康にも良かったんです。

ということで今回は、

歌うだけで健康になれる?カラオケの健康効果5つ

という内容をお伝えします。

それでは早速、歌うことの健康効果を確認していきましょう。

カラオケの健康効果5つ

歌うことによる健康効果は以下の5つです。

  1. ストレス解消
  2. 血行促進、運動・ダイエット効果
  3. 免疫力アップ
  4. 自律神経が整う
  5. 脳の活性化(認知症予防)

1.ストレス解消

ストレス発散のためにカラオケに行く方は多いと思います。

しかし、なぜカラオケでストレスが発散できるのでしょうか?

大声を出せるから?

もちろんそれもあると思います。

しかし、実は、ストレス発散のポイントは脳にあります。

カラオケを歌うと脳全体が刺激され、エンドルフィンやドーパミンなどの脳内ホルモンが活性化されて、陽気で元気になれるのです。

そのため、カラオケはストレス解消になるのです。

2.血行促進、運動・ダイエット効果

口先で歌うのではなく、お腹から声を出す腹式呼吸をすることで、筋肉を鍛えられることだけでなく、ダイエット効果と運動効果も得ることができます。

また、筋肉運動をすると、また血管の収縮が行われます。

血管の収縮により、血液循環が良くなり、心臓の動きが活発になるという好循環も期待できます。

お腹から声を出す腹式呼吸でカラオケを歌った場合、1曲で約20キロカロリーを消費でき、5曲連続で歌えば400mを走ったのと同じくらいのカロリー消費が見込めます。

さらに10曲歌うと1000mを走ったのと同じになるのだそうです。

走るのは気持ち的にもしんどいですが、カラオケなら楽しくできますよね。

3.免疫力アップ

カラオケを歌う時、大きく息を吸い込むことや呼吸数が増えます。

このことにより、血流が改善し、体の隅々にまで酸素が行き渡るようになります。

血流が改善すると、手先足先など体の末端まで血行が良くなり、冷えの解消が期待できるのです。

さらに、末端まで血流が行き渡ることで、体の細部まで栄養や免疫細胞が運ばれていきます。その結果、免疫力を高めることができるのです。

さらに、歌う際の腹式呼吸には、内臓のマッサージ効果があります。

主に呼吸器周辺にある筋肉を動かすことで内臓が程よくマッサージされ、体の深部を温められるのです。

その結果体温が上がり、免疫細胞が働きやすい環境を作ることにつながります。

4.自律神経が整う

人間の生理機能を調節している自律神経は、交感神経と副交感神経のスイッチを切り替えながら機能しています。

この2つの神経はバランスよくオンとオフを切り替え、体の正常な機能を維持しています。

なんとなく気分が浮かない、イライラしているなどのストレスを感じている時、人の呼吸は浅くなります。

呼吸が浅い時は交感神経が優位になり、ストレスを感じている状態となるのです。

人間関係や仕事のストレスなどでこの状態が長く続くと、動悸や不眠など、さまざまな体の不調となって現れ始め、やがて自律神経失調症などに進行してしまうこともあるそうです。

現代人は、ストレスにさらされる時間が長く、脳が休息する暇がないためストレス状態が続きがちともいわれています。

一方、カラオケで歌を歌う時には大きな声を出します。特にカラオケボックスなどでは、人目を気にせず大好きな歌を熱唱することができ、歌い終わった後は気分がすっきりと感じる人も多いのではないでしょうか。

大きな声で歌を歌う時、深く息を吸って発声するため横隔膜が大きく動きます。

横隔膜が大きく上下するほどの深い呼吸は、副交感神経を優位にしてくれる働きがあります。

日常のさまざまなストレスを受け、交感神経が優位な状態が長く続いている人も、大声で歌うことによって副交感神経のスイッチが入り、体内の環境を整える自律神経のバランスを整えてくれるのです。

5.脳の活性化(認知症予防)

カラオケで歌を歌う時、モニター画面の歌詞を見ながら歌うことが多いですよね。

実はこの行為、脳をバランスよく鍛えて活性化させることに一役買っていたのです。

メロディーを聞くことや楽器を演奏することに関わる音楽中枢は右脳にあり、モニターを見て歌詞を追う言語中枢は多くの人が左脳にあります。

歌詞を追いながら歌を歌うことで、左右の脳をバランスよく使うことになるため、脳が活性化するのです。

さらにカラオケで歌う場合、メロディーから外れず上手に歌おうとすることで、より脳を活性化できるというわけです。

認知症の予防にもなるので、仕事を引退した後の趣味としても非常に良いのかもしれません。

—最後に—

今回は、カラオケの健康効果についてお伝えしてきました。

歌を歌うだけで、これだけの健康効果があるのは驚きですよね。

定期的にカラオケに行くのも良い習慣と言えるのかもしれません。

ただし、楽しいからといって夜遅くまで歌ったり、カラオケオールするのは本末転倒であり、健康効果も台無しになってしまうので、その点だけは気をつけてください。

それでは最後に、プラトンの言葉を紹介して終わりとします。

音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえる。そして想像力に高揚を授け、あらゆるものに生命をさずける。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう!

【参考】

・新潟県

心身に健康効果をもたらす!カラオケで得られる7つの健康効果とは? | にいがたアクティ部 | 新潟県 女性・高齢者等新規就業促進サイト
ストレスが溜まると、気持ちをスッキリさせるためにカラオケに行くという方は多いのではないでしょうか。 カラオケを歌うと心が軽やかになり、とても楽しい気持ちになりますよね。 でも実は、カラオケの効果はそれだけではないんです! カラオケを歌うことで、呼吸や適度な運動などによって体にも良い影響があり、心身の両方に健康効果をもた...

コメント

タイトルとURLをコピーしました