【時短にもなる】外資系企業で皆使ってるおすすめ無料英語翻訳ツールはこれです!

「いつも使ってる英語翻訳ツール微妙なんだよな、、」

「英語結構得意だけど、時間かかるから時短のために翻訳ツールに任せたい、、」

「日本語のサイトでは情報が限られてしまうので英語のサイトを参照したい、、」

「英語はまだしも、他言語でのやりとりなんて無理だ、、」

そんな方々は今回おススメする無料翻訳ツール(Google翻訳ではない)を使うことで、

「日本語への翻訳も英語への翻訳も自然だから修正不要で超楽だ!」

「世界中からの情報が取得できるようになって、すぐ問題解決できるようになった!」

「なんの苦も無く短時間で英語圏以外の人とメールのやりとりができるようになった!」

となると思います。英語以外には中国語(簡体字)、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語など11言語に対応しています。

ちなみに今回ご紹介するツールが日本語が利用可能になったのは2020年3月19日です。(記事投稿日:2020/4/11)

おすすめ無料英語翻訳ツール

おすすめ無料英語翻訳ツールは、DeepL翻訳です!

DeepL Translate
Use the free DeepL Translator to translate your texts with the best machine translation available, powered by DeepL’s world-leading neural network technology. C...

DeepLの説明

DeepL翻訳は、ドイツのベンチャー企業DeepL社が2017年8月に公開したディープラーニングを活用した機械翻訳サービス。

無料で利用可能

有料プラン「DeepL Pro」(個人利用の場合、年額5.99ユーロより)に登録すると、オンライン翻訳の文字数制限がなくなるとともに、テキスト入力だけでなく、Microsoft WordやPowerPointの文書などをドラッグ&ドロップして翻訳することが可能になる。

筆者コメント

正直、私の書いていることを読むより、早速DeepL翻訳を試してみてくださいと言いたいです。

私は外資系企業に勤めているのですが、Google翻訳よりDeepL翻訳のほうが自然な訳をしてくれるということで今はみんなDeepL翻訳を使っています。

ちなみにですが、外資系企業でも英語ができない人はたくさんいるわけです。(会社によると思いますが)

また、英語ができる人にとっても英語翻訳ツールは必須なのです。私も翻訳ツールなくてもなんとかなる英語力ですが、日本語の方があたりまえに早いわけです。だから英語翻訳ツールを時短ツールとして使うわけですね。英語に時間をかけている暇があったら他の仕事するか早く帰ろうよというわけです。

そういうわけで外資系企業でもみんな使っています。

今まではみんなでGoogle翻訳を使っていましたが、DeepL翻訳の日本語対応に伴いみんなDeepLに乗り換えてます。

ちなみに有料プランにする必要は全くないと思っていますが、一年5.99ユーロ(約700円)で利用できるなら全然有料プランにして使いまくるのも全然良い投資だと思います。 仕事における英語が占める割合によると思いますが、めちゃくちゃ時短になると思います。WordとPowerPointをそのまま翻訳してくれるなんて最強すぎます。私も今後必要になったら、有料プランにするかもです。英語の比率が高ければ高いほど仕事は早くなって会社からの評価もアップしますしね。たった700円/年の投資で、給料アップですからね、やらない手はありません。

繰り返しますが、無料版でも十分時短になりますし、効果大です。

とてもおすすめなので、英語(その他言語)に困っているお友達や上司・同僚にも教えてあげて下さい。これであなたはヒーローです。

それでは皆さんDeepL翻訳で言語の障壁なんて余裕で乗り越えて、みんなのヒーローになって昇進して、より良い人生にしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました