本当に一生会社員のままで良い?5種類のお金を稼ぐ方法から人生を考える

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆さんの中には、

『会社員として一生生きていくのはしんどいな』

『サラリーマン以外のお金の稼ぎ方が知りたい』

こんな風に思っている方、多いと思います。

会社員や従業員として働くのは、ストレスも多くてしんどいですよね。ゆったり自分の好きなように生きていきたいと思っている方、多いと思います。

ということで今回は、

本当に一生会社員のままで良い?5種類のお金を稼ぐ方法から人生を考える

という内容をお伝えします。

現代においては、会社員だけがお金を稼ぐ方法ではなくなりました。選択肢はたくさん存在します。

会社員が嫌であったり、現状に満足していないのであれば、まずどのような稼ぎ方の選択肢があるのか知っておきましょう。

そして、稼ぎ方を考える上では、どのような生き方をしたいのかをしっかり考えておく必要があるのです。

それでは早速、5種類のお金の稼ぎ方を確認していきましょう。

5種類のお金の稼ぎ方

5種類のお金の稼ぎ方は以下の通りです。

  1. 従業員・労働者(E)
  2. 自営業者(S)
  3. ビジネスオーナー(B)
  4. 投資家(I)
  5. 複合型(M)

具体的な内容を以下で確認していきましょう。

1.従業員・労働者

主な収入源が給料であるタイプの人達です。

サラリーマンもこのタイプに当てはまり、ほとんどの人がこのタイプのお金の稼ぎ方をしているのではないでしょうか。

従業員を英語にしたときの”Employee”の頭文字をとって、「Eタイプ」の稼ぎ方と呼びます。

2.自営業者

雇い主が自分であるタイプの人を指します。

自分でお店をしている飲食店の店主や、フリーランス、YouTuberなどもこのタイプに当てはまります。

自営業者を英語にしたときの”Self-employed”の頭文字をとって、「Sタイプ」の稼ぎ方と呼びます。

3.ビジネスオーナー

会社などを経営し、ビジネスを所有している人のことを指します。

チェーン展開している美容院のオーナーや自分が創業した会社の社長などもビジネスオーナーです。

自営業者との違いは、人を雇うことで自分が現場に出なくともビジネスが成り立っていることです。

つまり、自分が働かなくともお金を生み出すことができるシステムを持っている人のことです。

ビジネスオーナーを英語にしたときの”Business owner”頭文字をとって、「Bタイプ」の稼ぎ方と呼びます。

4.投資家

株や不動産、事業などに投資をすることで利益を得る人のことを指します。

つまり、お金でお金を生み出している人達ののことを指します。

投資家を英語にしたときの”Investor”の頭文字をとって、「lタイプ」の稼ぎ方と呼びます。

5.複合型

最近では多くの企業で副業することが推奨されています。

サラリーマンとしての本業と個人的な副業の2つから収入を得ている人も増えてきました。

つまり、「Eタイプ」×「Sタイプ」の稼ぎ方です。

このように、複数の稼ぎ方のタイプに身を置いて、収入源を複数化するという稼ぎ方が増えています。

その他にも、以下のように複数の稼ぎ方を組み合わせることが可能です。

  • E×Iタイプ:サラリーマンをしながら、株式投資や不動産投資をするタイプの稼ぎ方。
  • E×S×Iタイプ:サラリーマンをしながら副業し、そして両方の収入を投資にまわすタイプの稼ぎ方。
  • B×Iタイプ:ビジネスオーナーとして会社を経営しながら、投資するタイプの稼ぎ方。

複合型を英語にしたときの”Multiple Type”の頭文字をとって、「Mタイプ」の稼ぎ方と呼びます。

ここまで、5種類の稼ぎ方についてまとめてきました。

それでは、あなたにとってベストな稼ぎ方をどう決めればいいのでしょうか。

続いてのパートで確認してみましょう。

どんな人生にしたいかで稼ぎ方を決める

今は多様な働き方が可能な時代となり、「Mタイプ」のような働き方もどんどん増えています。

働き方の選択肢が増えた今、あなたはどのようなお金の稼ぎ方をしたいでしょうか。

終身雇用も崩壊しつつあり、年金も貰えるか分からない時代に突入しつつあります。

「Eタイプ」として働いているだけでは、将来大変なことになってしまうかもしれません。

あるいは、仕事や会社が嫌いなのに、「Eタイプ」として生きるしか選択肢がないと思っていませんか。

前述の通り、そんなことは全くないのです。

どんな人生にしたいか、どんな暮らしをしたいかに応じて、稼ぎ方を変えていきましょう。

もちろん最初から副業やビジネス、投資がうまくいくことはないでしょう。

だからといってそれで諦めてしまっては、あなたの生きたい人生を歩むことはできず、生きていくために嫌な会社に死ぬまで行き続けなければならない人生になってしまいます。

稼ぎ方を考えることは人生を考えることです。

どのような人生を歩みたいかをまず考え、そのためにはどのような稼ぎ方をすべきなのか考えてみてください。

稼ぎ方を先に考えるのではなく、生き方をまず考えることが大切です。

例えば、田舎で悠々自適に暮らすことが理想だと思うのであれば、10年間だけは都会で会社員と副業と投資の「Mタイプ」の稼ぎ方で頑張って、その後、田舎に引越して副業と投資でのんびり暮らしていくということも可能なのです。

今の時代、稼ぎ方・仕事の種類は無限にあるのです。

理想の生き方や人生の各フェーズの生き方にあわせて、稼ぎ方を調整していく、そんな人生にしていきましょう。

考えただけでとてもワクワクして、とても良い人生になると思いませんか?

一度きりの人生です。せっかくなら、そんなワクワクしたものにしていきましょう。

—最後に—

今回は、5種類のお金を稼ぐ方法についてお伝えしました。

お金の稼ぎ方が多様になった現代、もう嫌なことをして稼ぎ続ける必要は必ずしもないのではないでしょうか。

多くの方が死ぬ時に抱く後悔の1つは、あんなに働くんじゃなかった、と言われています。

おそらくそれは嫌な仕事を我慢して続け、本当に大切だと思っていることをすることが出来なかった、という思いからだと思います。

生きていくためにお金は必要です。しかし、本当に大切なことを見失ってはいけません。

多様な働き方ができる今、自分にとって本当に大切なことは何なのか問いかけてあげてください。

その問いかけに対する答えが出たその瞬間に、あなたの本当の人生が始まるのです。

それでは、最後にハンニバルの言葉を紹介して終わりとします。

I will either find a way or make one.

方法は見つける。なければ作る。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう!

■ 参考

『改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学』ロバート・キヨサキ著

コメント

タイトルとURLをコピーしました